オモンパカリスト

深層学習、計算論的神経科学に興味あります

傾きつつある進路

 院に進学するか、学部卒で就職するか。

まだ悩んでいる途中だけど、自分が向いているは後者の道。

いまサポーターズのイベントのときにエンジニアの方に相談に乗ってもらったときのメモをみると、10月に答えを出す。と記されていた。やべぇ時間ねぇ。

 

 ベーシックのインターン(2daysハッカソン)に参加したぐらいで

ほとんどだらけた夏休みをおくっている。だめだ。

後期授業開始まであと1週間きった今日、久々に朝から大学に向かった

バスに乗って企業見学ツアー。

向かったのは2社。金沢のパナソニック子会社、富士通子会社。

ざっくばらんとした企業説明を受けたあと、多少社員(金大のOB)とお話しの時間。

事業の詳しい部分についてはあまり答える気がないみたいで(こっちが理解できそうにないからか)

扱っている言語について聞いてみたりした。あとはやっぱり学生時代にしておいたほうがいいことや、なんか人生アドバイス。

インターンやサポーターズで色々エンジニアの方々と既に話してるからとくにアドバイスは真新しいものがなかったけど、ひとつあった。

 

 学部生と院生の差とは何か。

一人の方が、「プレゼン力だけ。」とおっしゃった。

僕は二つの差は研究しているかどうか、だと思ってた。

学部生で就活を始めるとなれば、研究室に配属した期間が若くてあんまりアピールできない。

院生なら二年分研究の時間を費やしているから、正直大学で何を研究したか、ってアピールにおいては院生が有利だと思うし、学部生がそもそも内容が無さすぎる。

でも彼は「それはあまり関係ない」とおっしゃったので、

「どうしてご自身は内定をとれたと思いますか?」と自己分析を促させてもらったら

「やりたいこと、とかの主張が会社の理念と一致したからだと思う」

これには僕は学部生と院生には差がないようなものと裏付けることにする。

二年を院で費やした技術力、研究実績のおかげで内定がとれやすくなるってわけじゃないなら、ぶっちゃけ「スキル向上のために院行く」てのは違うなって。

 

 というわけでやっぱりやっぱり今から就活に目を向けて絶賛焦り中。

スキル向上、ポートグリフォ製作を目指して、自分を形成しなければ内定は勝ち取れない。当たり前だ!。

 

就活で勝つための作戦

 QiitaとGitHubの充実。

 Qiitaのストック数を稼ぐ。とにかく記事を書く。

企業によっては立派なアピールポイントになる。

 GitHubはポートグリフォみたいなもん。GitHub見せて、っていう企業が増えつつある(らしい)のでリリースを重ねよう。

 

何を開発するか?

  言語はRailsでいいかな、Web周り、サーバーサイドやらミドルウェアあたりを習得が必須だと思った。これは急がないと。

ぶっちゃけ本当にわからない。本番環境とか、そういう概念すらわからない。

だいぶ遅れてる。負ける。

 組み込みはあわよくば。時間が足りないよ、圧倒的に。

きっとraspberryPIやArduinoを購入してやったりするんだろな。

 

やばい

 だらけた夏休み。もう取り戻せないので、今から頑張るしかない。

モチベーションあげるための意思表示としての記事投稿でした。