読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オモンパカリスト

深層学習、計算論的神経科学に興味あります

僕はノータリン

自分は浅学非才であることを常に意識して、そのためにこの現代社会において、
色んな知識を吸収しようとしてきました。
それは知識武装もとい理論武装が進む一方で、僕にとって弱いのは得た知識を活かして実装する、実践力。
その弱点を克服するために、プログラミングを、コードを書く、という事を実践する。
僕の課題です。

というのは解ってるのに、やはり逃げてきた慣れない事を実行するのに時間がかかります。
でも少しずつ、実践してみる、有意義な時間を作れているのが最近の僕になります。
ブログも書くといいつつ、このように更新を先伸ばししてきたりしましたが、時間はかかれど実行していきたいと思っています。

Pythonの深層学習フレームワークであるChainerを用いたニューラルネットの実装をするために、
Pythonの環境構築をいろいろしてみた。
pipでNumpyとかIPythonをインストールしてたんだけど、Anacondaに切り替えて統一を図った。
すごいスムーズにライブラリのインストールが進んでなんというか、早く知っておきたかった...

IPythonはRubyでいうpry。標準のインタラクティブシェルを強化したもので、これに加えて
IPython Notebookってのがもうすごい便利。

Anacondaから
$ conda install ipython
$ conda install ipython-notebook
でインストール。

Web上でシェルが打てる代物なんだけど、
標準出力はもちろん、matplotlibによるプロットだとか、GUI面が強力。
.ipynbファイルとしてオートに保存されて、gistに貼り付けることもできる。
f:id:i101330:20151204012512p:plain
MNISTをタスクとする多層パーセプトロンの実装時。
gistは
gist.github.com
このように。

他にもターミナル環境にtmuxを初めて導入して、いろいろ設定を加えて楽しんでるこの頃。
そして日付は変わってあと7時間後にはゲーム理論の講義の中間テストがあるっていうのに、未だノー勉っていう愚かさ。