読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オモンパカリスト

深層学習、計算論的神経科学に興味あります

就活記①

前エントリーに、院に行くことを目指した宣言をしておきながら、
実は考えを改めて進学ではなく就職を目指すことにしました。
もともと院を目指そうと思った理由は、

  1. スキル不足
  2. 研究がしたい

この二つが大きく、また目指すのは県外の、特に関東の院でした。
その理由を簡単に言うと、金沢に飽きたから。関東のほうが楽しいと思うから。
こっちでやらない映画もあるし。乃木坂のイベントとかもあるし。

一つ目のスキル不足は、僕が今の実力で就活をしはじめても、
大したエンジニアスキルもないからITエンジニアという職種の就活が難しそうだし、
研究開発という職種は学部卒のレベルでは手の届かないだろうと危惧しているからで、
院にいって2年費やすことで、技術・学術のスキルを高めれば
きっと院卒後の就活は満足する結果を残せるだろう、と勘ぐっていたからです。

二つ目は、まさに自分の興味がある研究を見つけていて、それが院進学の理由に
ピッタリであるから。興味ある研究は、人工知能工学の分野です。


そして関東の大学院を目指すことにしたのですが、すぐに足が止まる理由がボロボロあって
そのひとつにお金がかかることがあります。
ぶっちゃけもう二年間学生して、奨学金という借金を増やすのもしんどいし、
金銭的に余裕があるとはいえないウチですから、親はあまり快く思っていませんでした。


さっき挙げた二つの理由は、本当に就職ではなく院進学でないといけない理由だとは、
到底思えず、悩んだ挙句、

  1. スキルは不足していても、自分の性分を評価してもらおう。スキルは今から積極的につけていけばいい気持ちが大事
  2. 研究は社会にでたあとでもきっと出来る。


という考えで、3月初旬、逆求人イベントを皮切りに就活に飛び出してみました。

もうすぐ一ヶ月が経ち、いろいろ学ぶことがあったので、
それを少しずつ時間かけてでも投稿していけたらなと思います。