オモンパカリスト

深層学習、計算論的神経科学に興味あります

CentOS6.7にpythonの環境構築メモ

pyenv, pip

$から始まるのがコマンド入力
# コメントを加えていきます

# 依存モジュールたち
$ sudo yum install gcc gcc-c++ make git openssl-devel bzip2-devel zlib-devel readline-devel sqlite-devel

# pyenv(pythonのバージョン管理)
$ git clone https://github.com/yyuu/pyenv.git ~/.pyenv
$ vi ~/.bash_profile
# ここから
export PYENV_ROOT="${HOME}/.pyenv"
export PATH=${PYENV_ROOT}/bin:$PATH
eval "$(pyenv init -)"
# ここまでを追記

# python2.7.11のインストールと切り替え
$ pyenv install 2.7.11
$ pyenv global 2.7.11
$ python -V # pythonのバージョンが2.7.11と表示されればOK

# pip(pythonのライブラリ達のバージョン管理)
$ curl -kL https://bootstrap.pypa.io/get-pip.py | python

chainer, jupyter(ipython notebook)

chainer

$ pip install chainer
$ git clone https://github.com/pfnet/chainer.git

jupyter

$ pip install ipython
$ pip install jupyter

matplotlib

ふつうにインストールしようとすると下記のエラーを吐く

(省略)
                            * The following required packages can not be built:
                            * png

    ----------------------------------------
Command "python setup.py egg_info" failed with error code 1 in /tmp/pip-build-CKQylH/matplotlib/

モジュールを二つ入れる必要がある

$ sudo yum install freetype*
$ sudo yum install libpng-devel

これでもう一度pipからインストール。

$ pip install matplotlib

scipy, scikit-learn

scipyを入れておかないと、import sklearnでつまずくぞ!!!

$ pip install scipy
$ pip install scikit-learn

ホストOSのブラウザに表示する方法

Vagrantの利用

Vagrantfileに記されているconfig.vm.network "private_network", ip: "192.168.33.10"を利用する

CentOS上で

$ jupyter notebook --ip=0.0.0.0

で起動すると、ホストOSのブラウザから192.168.33.10:8888でアクセスできる。

理由

おそらくVagrantによって割り当てられたIP192.168.33.10CentOS0.0.0.0に対応できる。

X windowを使用している場合(Windowsの人)

Windowsの人が、GUI出力をX Windowで実現してる場合、

$ sudo yum install firefox

でブラウザはFireFoxにすると、

f:id:i101330:20160524115549p:plain

X Window経由でGUI出力できる。