読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オモンパカリスト

深層学習、計算論的神経科学に興味あります

Theanoで機械学習

Python 機械学習

Theanoの特殊な書き方を身につけるため

github.com

このチュートリアルを用いる

  1. 線形回帰
  2. ロジスティック回帰
  3. ニューラルネットワーク
  4. 流行りのニューラルネットワーク
  5. 畳み込みニューラルネットワーク

の実装方法が書いてある。

このチュートリアルで用いるMNISTをダウンロードするために、

$ sudo sh download_mnist.sh

を実行する。

jupyter notebookで細かく挙動を確認していく
たとえば線形回帰1_linear_regression.pyを実装した場合

線形回帰
タスクはy = 2x + ノイズをうまく表現するy' = wxw
コスト関数は線形出力と世界データによる平均二乗誤差。

ロジスティック回帰
タスクはMNIST
コスト関数はソフトマックス関数と正解データによる交差エントロピー

とりあえず回帰問題を実装するにあたって、
最低限のTheanoの書き方が身についた。
updatesはoutputsのあとに処理される。