日記マン

動画広告プロダクトしてます。Go, Kubernetesが好きです。

Ethereumに入門した

ここ最近、Ethereumについて今更ながら調べていて、
ものごっつおもろいやんけー!となったので、一旦アウトプットしてみる。

Ethereumとは

調べる前までは「ビットコインと同様のブロックチェーン技術にSmart Contractsという工夫を施したヤーツ」
ぐらいの雑な認識だったが、改めて再定義してみる。

  • 通貨のやりとりだけでなくSmart Contractと呼ばれるアプリケーションを実行するためのプラットフォーム
  • ワールドコンピュータ。アカウントステートを持った巨大なシングルトンマシン。

前者は非エンジニアでも理解できそうな定義で、多くの文献にこのような記述が用いられている。
いっぽう後者は、よりエンジニアちっくな記述のように思う。
前者からの導入をなしに、Ethereumとは、という問いに後者を提示されたとしても理解はできなかったと思う。
ただ、前者の説明からおおむね理解し後者に辿り着いた経緯をとったこの現状の自分は、
後者のほうがより説明的であると感じている。

Ethereumネットワークの二種類のアカウントを理解したから、後者の説明を理解できている気がする。

Smart Contracts/dApps のエンジニアリング入門

Ethereumのスマートコントラクトはつまるところどう実現してるの?とか
dAppをどうユーザは利用するの?とか
dAppをどう開発しているの?とか
その辺りの入門

トークンエコノミー/Cryptoeconomics

トークンエコノミーは独自経済圏を構築する新しい経済モデルの在り方。
Common OSのポジショントーク強めではなるが、読んでてワクワクした。

ブロックチェーンとトークンエコノミーはどのような変化をもたらすのか? – Commons OS – Medium

またBlockchain技術からCryptoeconomics(暗号経済学)という学問体系が生まれている。

トークンエコノミーとの関係性から考える cryptoeconomics · m0t0k1ch1st0ry

コミュニティ

所感

なんかEthereum面白そう〜、ぐらいの認識だったが、調べてみると期待をめちゃくちゃ上回る面白さだった。
ブロックチェーンのイミュータブルな性質を利用したいわゆるシングルトンクラスをネットワークにデプロイできるEthereumの工夫。
そしてそのプロトコルによって、独自トークンによる新しい経済圏を構築できるという大きな価値。
暗号理論や行動経済学、そのミクスチャとしてCryptoeconomics(暗号経済学)という学問体系まで生まれている。

ここまでブロックチェーン技術とその応用についてアンテナ張るのをサボっていたことが悔やまれるほど、
この分野に対して生涯でもトップクラスの知的好奇心の刺激が発生している。

現実的課題としてかなりクリティカルなものもあったり、
トークンエコノミーなどの未来像にはまだまだ夢の夢の段階だという所感もあるが、
まずシンプルにクソ面白いというのと、やはりブレイクスルーの可能性を感じずにはいられないという気持ちがある。
「革新的な技術が新しい社会を切り開く、という時代の潮流ど真ん中に身を置いているのかもしれない」という、そんな興奮を抱いている。